観て 食べて 学び ふれあう 優美で優雅な癒しの空間
松花堂庭園・美術館 お問い合わせ
コンテンツ
松花堂庭園・美術館
主要な催し物
庭園のご案内
庭園散策
春の庭園
秋の庭園
入園料・施設使用料
松花堂グッズ
松花堂昭乗物語
松花堂弁当の起源
松花堂弁当の起源
休館日・開館時間
アクセス・交通
サイトマップ
リンク
個人情報保護法に基づいて
やわた市民文化事業団HOME
  •  
    <今春開催予定の展覧会>

    平成29年春季展  お弁当箱 −目であじわう器−
    会期 : 平成29年314日(火)〜57日(日)

    観覧料 : 一般500円・学生400円・高校生以下無料
    <20名様以上団体2割引/庭園共通券>一般850円・学生660円
  •  
    第29回松花堂つばき展
      会期 : 平成29年331日(金)〜42日(日)
             午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
             ※最終日は午後4時まで(入園は午後3時30分まで)
      【観覧料】:一般 600円、学生 500円、子ども 300円

    *お得な美術館との共通券「お弁当箱 −目であじわう器−」 一般 1,000円
  •  
    写真展 パンダのいる風景 in 松花堂
    〜パンダの昔むかしのおとぎ話〜


    【日時】 平成29年413日(木)〜16日(日)
         午前10時〜午後4時
    【会場】 松花堂美術館 講習室
    【観覧料】 無料
  •  
    昭乗広場DEフリマの出店者大募集!

    5月28日(日)開催の「昭乗広場DEフリマ」の
    出店者を募集します。
    (雨天の場合は、6月4日(日)に延期)
    出店を希望される方は、往復ハガキに必要事項を明記の上、
    松花堂庭園・美術館「昭乗広場DEフリマ」出店係まで
    ご応募ください。
  •  
    昭乗広場DEフリマ

    日時 : 平成29年5月28日(日) 
           午前10時〜12時

    場所 : 昭乗広場(松花堂庭園・美術館敷地内)
    雨天の場合は、6月4日(日)に順延します。
     
  •  
    名勝 「松花堂及び書院庭園」
    松花堂庭園が国の名勝に指定されました。
    これにより松花堂庭園には、昭和32年に指定を受けた国指定史跡
    「松花堂及びその跡」とともに、国指定名勝「松花堂及び書院庭園」が、
    国の重要な記念物(文化財)として登録されることになりました。
     
  •  
    松花堂 月釜会
    松花堂昭乗の遺徳を偲び
    毎月第2日曜日に開催するお茶会。
    一般の方もご参加いただけます。
  •  
    3月〜5月、10月〜11月各日曜日
    松花堂 日曜茶席
    松花堂庭園の茶室「竹隠」で、春と秋恒例の
    松花堂「日曜茶席」を開催します。
左の画像部分をクリックすると催し物の詳細内容が表示されます。
右上の「主要な催し物」の文字部分をクリックすると主要な催し物一覧ページが表示されます。
 

◎臨時開館のお知らせ

「八幡桜まつり」の開催に伴い、松花堂庭園・美術館は
4月3日(月)に臨時開館いたします。

開館時間は、庭園・美術館ともに通常通りとなります。吉兆松花堂店も通常営業いたします。
「八幡桜まつり」の会場となる淀川河川公園背割堤地区からは、京阪八幡市駅よりバスにて約10分です。
背割堤を彩る満開の桜とあわせて、春真っ盛りの松花堂庭園・美術館にもぜひお立ち寄りください。

当日、美術館では「平成29年春季展 お弁当箱−目であじわう器−」を開催中です!
 
八幡桜まつり:平成29年4月1日(土)〜4月10日(月)
 詳細は京都府観光連盟のHPをごらんください → 八幡桜まつり


「平成29年春季展 お弁当箱−目であじわう器−」の詳細はこちらです
 

◎ 平成29年度 事業スケジュール

 
※画像をクリックすると、PDFページがひらきます

◎ 松花堂庭園 花暦

 
※画像をクリックすると、PDFページがひらきます

◎ 春季展覧会のご案内

平成29年春季展 
お弁当箱−目であじわう器−
                                         作品リスト(PDF)はこちらです       
 
  
会期 : 平成29年314日(火)〜57日(日)
開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 : 一般500円・学生400円・高校生以下無料

       (20名様以上団体 2割引)(庭園共通券) 一般850円・学生660円
休館日 : 月曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日(火)

春季展の特設ブログにて情報更新中!→春季展特設ブログ
(スマートフォンからもご覧頂けます)
 

展覧会の詳細については、「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ つばき展のご案内

第29回 松花堂つばき展

日時 : 平成29年331日(金)〜42日(日)
      午前9時〜午後5時(最終入園は午後4時30分)
       *最終日は午後4時まで(最終入園は午後3時30分)


料金 : 一般 600円、 学生 500円、 子ども 300円
  *お得な美術館との共通券「お弁当箱−目であじわう器−」 : 一般 1000円
場所 : 松花堂庭園 

イベントの詳細については、「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ 催し物のご案内

写真展 パンダのいる風景 in 松花堂
〜パンダの昔むかしのおとぎ話〜


パンダ作家・大西亜由美による写真展を開催します。
昔ばなしをテーマにパンダが松花堂庭園を散策した風景写真の数々をお楽しみください。

会期 : 平成29年413日(木)〜16日(日)
        午前 10 時〜午後 4 時
会場 : 松花堂美術館 講習室
観覧料 : 無料


イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。

☆ パンダ作家・大西亜由美 HP → PANDA panda LIFE


◎ フリーマーケット出店者募集のお知らせ

「昭乗広場DEフリマ」出店者募集

「昭乗広場DEフリマ」の出店者を募集します。往復ハガキに所定の内容を明記のうえ、
松花堂庭園・美術館「昭乗広場DEフリマ」出店係まで郵送してください。
422日()必着です。 (募集内容の詳細は、こちらをご覧ください)

 ☆昭乗広場DEフリマ
   ・日時 : 平成29年5月28日(日) 10時〜12時
         *雨天の場合:6月4日(日)に延期

   ・開催場所 : 松花堂庭園 昭乗広場
   ・出店料 : 500円(当日徴収)
         1ブース 1.8m×1.8m / 1団体1区画のみ
   ・募集店数 : 30店(応募者多数の場合は、抽選)
 
 ☆飲食物・コピー商品・危険物・生き物(動・植物)等の出品は不可。業者出店不可。
 ☆決定通知は、返信ハガキにて5月中旬に個々に連絡します。


 イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ フリーマーケット開催のお知らせ

日時 : 平成29年5月28日(日) 午前10時〜12時
*雨天の場合は、6月4日(日)に順延いたします。

場所 : 昭乗広場(松花堂庭園・美術館敷地内)


イベントの詳細については、「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ 松花堂 月釜会

松花堂 月釜会

松花堂昭乗の遺徳を偲び、毎月第2日曜日に開催するお茶会です。
ただし、1月・8月・10月の開催はありません。

イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ 松花堂 日曜茶席

松花堂 日曜茶席

秋は10月〜11月、春は3月〜5月の各日曜日に松花堂「日曜茶席」を開催します。
日曜茶席は、どなたでもお気軽にお茶を楽しんでいただけます。
初心者の方でも大歓迎ですので、一緒にお楽しみください。

 

イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。

◎ 内園及び内園に通じる通路周辺の名勝指定について

松花堂庭園の内園及び内園に通じる通路周辺が国の名勝に指定されました。

指定範囲は、草庵松花堂や泉の坊書院、東車塚古墳後円部の築山などで構成される
内園全体と、東高野街道に通じる松花堂旧正門から女郎花塚を経て内園に通じる
石畳周辺(内園導入部分)です。
これにより松花堂庭園では、昭和32年に指定を受けた国指定史跡「松花堂及びその跡」とともに、
国指定名勝「松花堂及び書院庭園」が、国の重要な記念物(文化財)として登録されることに
なりました。

イベントの詳細については「主要な催し物」ページをご覧ください。

★松花堂昭乗データベース運用開始!!★
松花堂美術館に所蔵する館蔵品を中心に、関連する書籍等の情報を公開しています。
向かって左画面のアイテムもしくは、下方画面バナーから閲覧できます。

◆庭園案内ボランティア「おみなえし」◆ご予約番号 TEL:075−981−0010〕
松花堂庭園を散策される際に、事前にご予約いただきましたら、ボランティアガイド「おみなえし」の会員の方の庭園案内を無料で受けることができます。
松花堂昭乗研究所.ねっと松花堂庭園・美術館ブログ
松花堂昭乗研究所.ねっと松花堂庭園つばきマップ
yawata-bunka.jp yawata-bunka.jp
2007年7月1日から 人のご来訪ありがとうございます。 使用している画像、文章等の著作権は全て財団法人やわた市民文化事業団に属します。