観て 食べて 学び ふれあう 優美で優雅な癒しの空間
松花堂庭園・美術館 お問い合わせ
コンテンツ
松花堂庭園・美術館
主要な催し物
庭園のご案内
庭園散策
春の庭園
秋の庭園
入園料・施設使用料
松花堂グッズ
松花堂昭乗物語
松花堂弁当の起源
松花堂弁当の起源
休館日・開館時間
アクセス・交通
サイトマップ
リンク
個人情報保護法に基づいて
やわた市民文化事業団HOME
八幡市文化センターHOME
主要な催し物
※拡大マーク拡大マークが付いた写真をクリックすると、拡大チラシ(PDF)がご覧いただけます。
平成30年新春展 −戌年にちなんで
現在開催中の展覧会は、
平成30年新春展 −戌年にちなんで
です。

 
展示リストはこちら  
  
 初春の本展覧会は戊戌(つちのえいぬ)の年にちなみ、古くより身近に親しまれてきた犬の描かれた資料や、新年に楽しまれる遊具・歌留多につながる作品などを紹介します。また、近年の新収蔵品「寄木箱」を初めて公開します。同作品は松花堂流の書家・神立愚鈍(1714頃〜1793)が所持したもので、様々な銘木を取り合せた寄木箱に蒔絵の施された珍しい一品です。愚鈍により「小倉山庄色紙和歌」や同じく松花堂流の書家・藤田友閑「詩歌巻」などとあわせてお楽しみください。
 そのほか、寒気のなか咲きほこる梅をのびやかに描いた中林竹洞「梅図」など、吉祥の趣きある館蔵品を中心に約40点を展観します。

会期 : 平成30年113日(土)〜218日(日)

 ・開館時間 : 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
 ・休館日 : 月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)
 ・入館料 : 一般400円・学生300円・高校生以下無料
       (20名様以上団体割引)〈庭園共通券〉一般760円・学生570円
 
 ☆ 学芸員による展覧会みどころ解説 <ギャラリートーク>
    1月20日(土)、2月3日(土)、10日(土)
    各日午後2時より展示室にて
    *申込不要(観覧料が必要です)

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 
            614-8077 京都府八幡市八幡女郎花43番地の1
            Tel:075-981-0010 / Fax:075-981-0009
第21回 席書大会・第37回 書初め展 合同作品展


第21回 席書大会と第37回 書初め展の合同作品展を開催いたします。
子どもから大人まで、力作の数々が勢揃いいたします。

 ・日時 : 平成30年123日(火)〜128日(日)
       
 午前9時〜午後5時(最終日は午後4時まで)
 ・場所 : 松花堂美術館 講習室 ほか
 ・観覧料 :  無料

 ・主催 : 松花堂庭園・美術館 ・ 八幡市文化協会
第16回 松花堂いけ花展


八幡市文化協会華道部会に所属する先生方の、流派を超えた作品の数々を展示いたします。

 ・日時 : 平成30年210日(金)〜212日(日)
        午前10時〜午後4時
 ・場所 : 松花堂美術館 1階
 ・観覧料 :  無料


 ・主催 : 八幡市文化協会(華道部会)
        公益財団法人やわた市民文化事業団(八幡市立松花堂庭園・美術館)
松花堂 学生茶会


茶道に親しむ高校生が、松花堂のお茶室にて心を込めたおもてなしをいたします。
ぜひご参加ください。

 ・日時 : 平成30年211日(日)
        午前10時〜午後2時
    ※席入り予定時刻(時間は前後いたします)
         1席目10:00  2席目10:40  3席目11:20
         4席目12:00  5席目12:40  6席目13:20


 ・場所 : 松花堂庭園 松隠
 ・お茶席券 : 300円 (別途、庭園入園料が必要です)


 ・参加校 : 京都八幡高校伝統文化部
 ・主催 : 公益財団法人 やわた市民文化事業団

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 【Tel : 075-981-0010】
第11回 松花堂 ひな祭り寄席

渚家一門による、第11回 松花堂 ひな祭り寄席を開催します。

日時 : 平成30年34日(日) 開場 午後1時30分/開演 午後2時

出演者・演目  

 渚家一門
    ・菊語樓  「看板の一」
    ・栄都   「貧乏花見」
    ・松緑   「猫の忠信」

  中入り
    ・六丸   「鯛」(桂三枝 作)
    ・蘭学   「文七元結


  下座 なぎさの会社中
  お茶子 小蘭(祝!当日は誕生日)


会場 : 松花堂庭園 別館ギャラリー(庭園内)

料金 : 一般(自由席) 800円
     
*ただし前売で完売の場合は、当日券の発売はありません。
  
   ☆吉兆の特別弁当付きチケット 5,000円 (入場料+特別弁当代)
     *「吉兆の特別弁当」のお食事は、12時(L.O.)となります

      * 特別弁当付きチケットの販売は、松花堂庭園・美術館のみとなります
   ☆未就学児のご入場はご遠慮下さい
 

チケットは完売しました

チケット取扱い : 

    松花堂庭園・美術館  Tel : 075-981-0010
    八幡市文化センター  Tel : 075-971-2111
 
お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 【Tel : 075-981-0010】

第30回 松花堂つばき展
              
                       (写真は昨年の様子です)

椿は、日本の春を代表する花木で、古くから大切にされてきました。
江戸時代のはじめ、既に100種を超える園芸品種が生まれています。
現在では2000種を超える椿が流通し、園芸品種としては6000種以上が育種されているともいわれ、人々を魅了しています。
春のひとときを、椿が咲き誇る松花堂庭園でゆっくりお楽しみください。

 ・日時 : 平成30年330日(金)〜41日(日)
       
 午前9時〜午後5時(最終入園は午後4時30分まで)
         *最終日は午後4時まで(最終入園は午後3時30分まで)

 ・場所 : 松花堂庭園
 ・観覧料 :  一般 600円、学生 500円、子ども 300円

  *美術館との共通券「藤平伸−やきものの詩人、茶陶に遊ぶ−」
      :  一般 1,000円


 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 Tel:075-981-0010
 
※ 松花堂庭園の椿については、「松花堂庭園 つばきマップ」をご参照ください ※
国指定 名勝「松花堂及び書院庭園」
松花堂庭園の内園及び内園に通じる通路周辺が名勝に指定されました。
指定範囲は、草庵松花堂や泉の坊書院、東車塚古墳後円部の
築山などで構成される内園全体と、東高野街道に通じる松花堂旧正門
から女郎花塚を経て内園に通じる石畳周辺(内園導入部分)です。
これにより松花堂庭園では、昭和32年に指定を受けた国指定史跡
「松花堂及びその跡」
とともに、国指定名勝「松花堂及び書院庭園」
が、国の重要な記念物(文化財)として登録されることになりました。
◇名勝指定
松花堂及び書院庭園は江戸時代後期の遺風を伝えるとともに、近代に特有の
景物の在り方が随所にみられ、その芸術上の価値および近代日本庭園史に
おける学術上の価値は高く、名勝に指定し保護を図るものです。
◇松花堂及び書院庭園の構成
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部
2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭
3.書院の東西に展開する枯山水
4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など
の計4つの部分からなります。
1.旧正門から書院玄関へと通ずる導入部

 

2.草庵「松花堂」の周辺の露地庭



3.書院の東西に展開する枯山水



4.書院の南に展開する池泉(ちせん)・築山(つきやま)など



 
松花堂 月釜会
松花堂昭乗の遺徳を偲び、毎月第2日曜日に開催するお茶会。
一般の方もご参加いただけます。

【日時】毎月第2日曜日
午前10時から午後3時
※1月8月10月は開催しません。
【場所】庭園茶室「松隠」
※お茶席は変更する場合があります。
【席料】800円(お菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075−981−0010
松花堂 日曜茶席
日曜茶席松花堂庭園の茶室「竹隠」で、春と秋に恒例となりました、松花堂「日曜茶席」を開催します。
秋は、10月〜11月の各日曜日。春は3月〜5月の各日曜日に開催いたします。
日曜茶席は、どなたでもお気軽にお茶を楽しんでいただけます。初心者の方でも大歓迎。いっしょにお楽しみください。

【日時】3月〜5月/10月〜11月の各日曜日
午前10時〜午後3時
※10月第2日曜日は開催しません。
【本席】庭園茶室「竹隠」
【席料】600円(季節のお菓子付き)
※入園料が別途必要です。
【お問い合せ】松花堂庭園・美術館  TEL 075-981-0010
使用している画像、文章等の著作権は全て財団法人やわた市民文化事業団に属します。